ID-10084548

 

近年、出産方法が多様化され普通分娩や帝王切開の他、無痛分娩やソフロロジーなど出産を控えたママ達はどんな方法が良いのかと頭を悩ませている事だと思います。
私もそんなママ達の1人でした。
初めての妊娠でわからない事だらけ。
痛みにめっぽう弱い私は出産をただの恐怖だとしか思えず、ビビりまくっていました。
私は血液型が特殊で地元でも有名な大学病院で出産する事が決まっていたため、無痛分娩を選択する事ができました。
この出産方法は扱っている病院が限られているため、気になっているママさんは、まず出産予定の病院が無痛分娩を扱っているのかを確認してください。
私がお世話になった病院では無痛の場合、計画分娩となり、出産日が事前に決まります。
前日に入院し、翌朝4時に起こされ、着替えた後に浣腸。
その後陣痛促進の錠剤を服用し、しばらく待機。
6時頃ベッドごと陣痛待機室に移動。
点滴用の針を打ち、しばらくしてから促進剤の点滴開始。
私の場合、なかなか陣痛が付かずバルーンを入れても状態はあまり変わりませんでした。
陣痛が付く前に麻酔用のカテーテルを入れておくため1度起き上がって背中を丸めてあぐらをかき、局部麻酔を打った後にカテーテル挿入。
そのまま横を向いて大人しくしていました。
その後バルーンが外れたため、人口破水させました。
この人口破水が痛かったです。長い棒の様なもので刺されました。
そこから一気に陣痛が進んできたので麻酔をお願いしました。
しかし麻酔後も効き目がなく、陣痛が強まりました。
3回麻酔を追加しましたが効果がなく、なんと背中のカテーテルの挿し直し。
陣痛がくる中再び上体を起こしあぐらをかいてスタンバイ。
あれが1番キツかったです。
カテーテル前に強めの麻酔をしてくれ、その後痛みは完全に引きました。
麻酔が効いてからはお腹の張りだけわかる状態でした。
子宮口全開、いよいよ出産です。
麻酔を調整してもらい、少しだけ痛みがわかる程度にしてもらいました。
その方がいきみやすかったのです。

妊娠に不安はつきものですが、その不安を少しでも解消するために葉酸を摂取することをおすすめします。

妊婦ミドリムシはおすすめです。